エンゼルス・大谷が渡米 最近見た夢は「ライトゴロでアウト」

2018年2月1日18時15分  スポーツ報知
  • 会見中、笑顔を見せる大谷

 エンゼルスの大谷翔平投手(23)が1日、サポート契約を締結した日本航空機で米ロサンゼルスへ出発した。出発ゲート前で報道陣100人、一般客200人が集まった出発セレモニーに出席した。

 ―いよいよ渡米。一番強い感情は。

 「楽しみが一番かと思います。不安も多少あります。行ってみないと分からないこともたくさんある。まずは自分の出来ることを1つ1つやっていければ」

 ―日本を離れることに。

 「さびしいかなと思いましたけど、感傷的になることなく、意外にスッキリしています」

 ―日本で見た最後の夢は。

 「最近は楽しい夢をあまり見てない。なんかちょっと変な感じがしますけど、ライトゴロでアウトになるという夢を見ました」

 ―日本で成長出来た要因は。

 「いいタイミングで素晴らしい人たちに教えていただけた。チームメートも含めて。ラッキーだった」

 ―日本球界を盛り上げて欲しい選手は。

 「清宮くん、って言って欲しいんですか? 頑張って欲しいと思います。素晴らしい選手がたくさんいますし、僕がかなわない選手もいる。そういう方々のプレーはいつどこで見てもワクワクする」

 ―ヤンキース・田中が「(米国では)『いろんなことが違って当たり前だ』と思っていれば、全てのことが柔軟に対応出来る」と助言した。

 「行ってみないと分からないこともあるかと思う。そういう言葉をいただけるのはうれしい。うまく対応出来るように柔軟にやっていきたい」

 ―田中との対戦は楽しみか。

 「まずは試合に出ることが目標。チームの主力として加わっていけるように。キャンプからアピールしていきたい」

 ―赤のネクタイを着けた。

 「JALの赤じゃないですか? もう準備されてました」

 ―自身の描く理想像は。

 「一番野球がうまい選手になりたいと思って小さい頃から頑張ってますし、今も変わらない。そのシンプルな目標に向かって頑張りたい」

 ―キャンプまでのスケジュールは。

 「練習もしますし、私生活でもやることもある。生活環境を整えてアリゾナに行きたい」

 ―平昌五輪で注目する選手は。

 「同級生の高木美帆選手(スピードスケート女子代表)は北海道出身ですし、応援しています。高木選手に限らずに素晴らしい選手のプレーを見るのは楽しい」

  • 楽天SocialNewsに投稿!
MLB
今日のスポーツ報知(東京版)