大谷、公開渡米セレモニー「パスポートと野球道具と気持ちがあれば何でもできる」

2018年2月2日6時0分  スポーツ報知
  • 渡米前、ファンも見える形で成田空港のロビーで記者会見した大谷(カメラ・酒井 悠一)

 エンゼルスの大谷翔平投手(23)が1日、米ロサンゼルスへ出発した。日本航空が複数年のサポート契約を結び、出発前の成田空港出発カウンター内にステージを特設。ファン公開型のセレモニーが開催された。今後はCM起用するプランもあるという。

 JALと契約するスポーツ選手はヤンキース・松井秀喜、テニス・錦織圭、フィギュアスケート・浅田真央以来4人目。日米間の移動などでサポートを受けるが、ファン公開のセレモニーは初めて。ファン200人、報道陣100人が集まった。大谷は「とてもワクワクしています。一番野球がうまい選手になりたいと小さい頃から頑張ってますし、今も変わらない。シンプルな目標に向かって頑張りたい」と目を輝かせた。

 サポート態勢は異例ずくめだ。スポーツ専門局「J SPORTS」が14日(日本時間15日)から米アリゾナ州テンピでの春季キャンプを全日生中継することが判明。オープン戦は登板試合、レギュラーシーズンは出場する可能性のある試合を全て放送するという。

 出発セレモニーでの質疑応答は、らしさ健在だった。渡米前の最後に見た夢は「最近は楽しい夢を見てない。ライトゴロでアウトになる夢を見た」と“告白”。日本球界を盛り上げてほしい選手には「清宮君、と言ってほしいですか? 頑張ってほしい」と忖度(そんたく)した。

 「まずは試合に出ること。パスポートと野球道具と気持ちがあれば何でもできると思ってやりたい」。メジャー二刀流への挑戦はまもなく始まる。(小谷 真弥)

 ◆主な日本人メジャーの渡米

 ▼01年マリナーズ・イチロー 1月9日に関西国際空港から約500人のファンに見送られて渡米。セーフコ・フィールドとキャンプ地・ピオリアで自主トレを重ねて2月20日のキャンプインに備えた。

 ▼07年Rソックス・松坂大輔 1月11日にテレビカメラ16台、スチールカメラ30台、約100人の報道陣に見守られて成田から渡米。ボラス代理人の事務所があるロサンゼルスの郊外でトレーニングを続け、キャンプ4日前の2月12日にキャンプ地・フォートマイヤーズ入りをした。

 ▼12年レンジャーズ・ダルビッシュ有 2月10日に報道陣約20人が集まる中、成田から渡米。約1週間、温暖な地で極秘トレを行ってから、21日にキャンプ地・サプライズの合同自主トレに合流した。

 ▼14年ヤンキース・田中将大 2月9日に自身がチャーターした日本航空機で渡米。前夜の雪の影響で都内から8時間半もかけ成田空港に到着。11日、ニューヨークで入団会見を終えた後、キャンプ地・タンパに入った。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
MLB
今日のスポーツ報知(東京版)