ツインズ、ダル獲り猛アタックも 開幕投手本命のサンタナが離脱

2018年2月8日6時0分  スポーツ報知

 ドジャースからFAになっているダルビッシュ有投手(31)に対し、ツインズが強烈なアタックをかける可能性が出てきた。ツ軍は6日(日本時間7日)、昨季16勝したE・サンタナ投手が右手中指の手術を受けたと発表。全治まで10~12週間とされる。キャンプに向けての投球練習中に違和感を抱いて検査の結果、腱(けん)の損傷が見つかって緊急手術になったもようだ。

 開幕投手本命でもあったエース右腕の離脱で、昨年末から獲得を目指し、ポーラッド・オーナーがラブコールを送り続けていたダルへのオファーの見直しが十分に考えられる。

 ダル争奪戦の現状はアストロズ、ブルワーズ、レンジャーズなどが撤退と伝えられている。残っているのはツインズのほか、カブス、ドジャース、ヤンキース。ダル本人が復帰を望むド軍、そしてヤ軍は年俸の高い選手の放出が進んでおらず、年俸総額によるぜいたく税の関係で満足のいくオファーが出せないとされている。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
MLB
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ