エンゼルス・大谷、サイ・ヤング賞右腕に完敗 2戦9打席連続無安打で打率1割に

2018年3月15日8時14分  スポーツ報知
  • 大谷翔平(ロイター)

 エンゼルスの大谷翔平投手(23)が14日(日本時間15日)、敵地で行われたインディアンス戦で「7番・指名打者」でスタメン出場。2打数無安打1死球に終わり、2試合連続無安打となった。

 14、17年のサイ・ヤング賞に輝いたクルーバーとは2度対戦。3回先頭は2ボール2ストライクから内角低めへのスライダーを右足甲付近に受けて死球。5回2死は2球で追い込まれ、力のない二直に倒れた。8回1死の第3打席は11年に巨人に所属したC・トーレスに空振り三振に倒れた。オープン戦は9打席連続無安打となり、打率1割となった。

MLB
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ