大谷、第4打席は中前安打 今季3度目のマルチ安打

2018年4月14日12時9分  スポーツ報知
  • 8回、中前打を放ちマルチ安打を記録したエンゼルス・大谷(共同)

 ◆ロイヤルズ―エンゼルス(13日・カンザスシティ)

 エンゼルスの大谷翔平投手(23)が13日(日本時間14日)、「7番・指名打者」でスタメン出場した敵地のロイヤルズ戦の第4打席で中前安打を放ち、今季3度目のマルチ安打を記録した。大谷はその後、三塁まで進むと、キンズラーの中飛でタッチアップ。逆転となる5点目のホームを踏んだ。試合は8回を終え、エンゼルスが5―4でロイヤルズをリードしている。

 これまで打者として先発出場した6試合はすべて8番スタメンだったが、初の打順昇格となった。昇格した2回の第1打席は、ロイヤルズの先発、J・ハメルからメジャー初となる左翼線二塁打を放った。4回の第2打席は空振り三振だった。6回は、ハメルから交代した左腕のヒルの前に二塁ゴロだった。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
MLB
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ