王が投げ、長嶋が打つ!史上初ON対決、11日名球会対抗試合で夢の始球式

2016年1月11日6時0分  スポーツ報知

 「名球会ベースボールフェスティバル2016」(11日、ヤフオクD)の前夜祭が10日、福岡市内のホテルで行われ、名球会員がセ・パに分かれて行う対抗試合の始球式をソフトバンク・王貞治会長(75)が務め、巨人・長嶋茂雄終身名誉監督(79)=報知新聞社客員=が打席に立つことが明らかになった。

 夢のON対決が初めて実現する。日本プロ野球名球会の山本浩二理事長(69)は「始球式で王さんとミスターがやります」と明言。「ミスターは打席に立って、多分打ちにいくでしょう。いきなりやからな。盛り上がるだろうな」。野球少年に戻ったかのように目を輝かせた。

 ON対決と言えば、王会長がダイエー(現ソフトバンク)、長嶋氏が巨人を率いて激突した00年の日本シリーズがあまりにも有名だ。だが、投手と打者に分かれての対決となれば、話は別。ともに超一流のバットマンとして巨人のV9を支えたレジェンド同士だけに、18・44メートルを隔てて対峙(たいじ)する機会は、これまで皆無だった。

 投手を務める王会長は「ぶつけないようにしたいですね。ミスターとの対戦? ありません、ありません。お互いにバッターなんだから」と困惑の色を浮かべながらも、どこか楽しげ。早実では2年春にセンバツ優勝投手に輝き、昨夏の甲子園大会でも始球式でストライク投球を披露。往年のノーワインドアップ投法からの好球が期待される。

 ミスターも13年5月、国民栄誉賞授与式と松井秀喜氏(41)の引退セレモニー後に行われた始球式で松井氏と対戦。04年の脳梗塞発症後では初のバッティングに臨み、空振りに終わったが、14年7月には、400勝投手の金田正一氏(82)と始球式で「1打席限定対決」を敢行。この時は、いい当たりの遊ゴロに終わっている。傘寿を目前に控えたミスターが博多の地で、快音を響かせられるか。(片岡 泰彦)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球 日本ハムオリックスソフトバンクロッテ西武楽天ヤクルトDeNA中日広島阪神巨人
今日のスポーツ報知(東京版)