【広島】中田、2イニング0封で復活アピール!

2016年2月12日20時12分  スポーツ報知

 広島の中田廉投手(25)が復活をアピールした。12日、日南・宮崎キャンプで行われた紅白戦に登板。2軍から緊急招集された右腕は白組の3番手として6回から登板し、2イニングを打者6人で封じ込めた。

 最速は139キロをマーク。菊池を空振り三振に取るなど、1軍昇格へ猛アピールした。「自己採点は80点くらい。力みすぎたところがあったので。原点に返ってアウトコースの真っすぐを意識して投げました」と振り返った。

 2014年にはセットアッパーとしてフル回転。66試合に登板し9勝8敗18ホールドの成績を残した。しかし、右肩の故障に苦しんだ昨季は登板わずか5試合。今年のキャンプも2軍スタートとなった。

 それでも2軍での好調ぶりを買われ、紅白戦に招集された。「アピールという気持ちはなかった。自分の投球ができれば、という思いが強かった。結果的にアピールになればいいけど」と手応え十分の表情。1軍首脳陣はすぐの昇格こそ否定したが、続けて1軍で登板機会を設ける予定。抱えていた右肩の不安もなくなり、完全復活の日は近い。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)