【中日】インフル完治の荒木、今季初実戦「焦りは特にない」

2016年2月17日15時39分  スポーツ報知

 キャンプ前に発症したインフルエンザが完治し、2軍で調整を続ける中日・荒木雅博内野手(38)が17日、練習試合の韓国SK戦(読谷)に「2番・二塁」で先発し、今季初実戦を踏んだ。遊ゴロと空振り三振に倒れたものの「こんなもんじゃないですか。これから体ができていくように、しっかり動いていきたい。(焦りは)特にない」と前向きに振り返った。

 守備でも2回無死二塁で痛烈な二ゴロを一度ははじきながらも、落ち着いて一塁でアウトにした。2000安打まであと110安打と迫るベテランが、プロ21年目のスタートを切った。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球 日本ハムオリックスソフトバンクロッテ西武楽天ヤクルトDeNA中日広島阪神巨人
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)