【西武】野上、野球人生最多の計402球熱投…紅白戦後にブルペン直行

2016年2月18日19時44分  スポーツ報知

 西武の野上亮磨投手(28)が18日、自身野球人生最多となる計402球の熱投を披露した。

 この日は初実戦となる紅白戦(南郷)に先発し1回2安打無失点。23球を投げ「試しているカットボールがよかった」と手応えをつかんだ。その後はブルペンに直行。ここから約2時間弱、捕手を座らせ304球投げ込んだ。「前からこの日に投げ込もうと決めていた。(投球練習は)トレーニングでは鍛えられないものがあるので」とさすがに疲れた表情で振り返った。

 紅白戦前のブルペンでも75球を投げておりこの日は計402球。「人生で一番投げました。(2軍キャンプ地の)高知で十亀が200球以上投げたらしいんで負けたくなかった」と、充実感を漂わせていた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)