ロッテ・ナバーロ容疑者逮捕 OP戦では2戦連発もバッグに銃弾

2016年2月22日6時0分  スポーツ報知

 沖縄県警は21日、那覇空港で拳銃の実包1発をバッグに隠し持っていたとして、銃刀法違反の疑いで、ロッテの内野手、ヤマイコ・ナバーロ容疑者(28)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は21日午後7時10分頃、那覇空港国内線旅客ターミナル内の保安検査場で、実包1発をショルダーバッグに隠して所持していた疑い。ナバーロ容疑者は容疑を認め「ドミニカの自宅にあった実包が、バッグに入っていたのが分からなかった」と供述している。チームはこの日、名護で日本ハムとオープン戦を戦った後、宮崎に移動。ナバーロ容疑者も帯同の予定だったが、保安検査場の手荷物検査で実包が見つかり、職員が警察官に通報した。

 過去にあった同様の不祥事は、10年2月に、中日のマキシモ・ネルソン投手(当時27)が那覇空港で実弾1発を所持し、銃刀法違反で現行犯逮捕されたケースがある。この際は、球団はネルソンを解雇こそしなかったものの、同年5月31日まで出場停止処分にしている。

 ナバーロ容疑者はドミニカ共和国出身で、昨年は韓国・サムスンでプレー。ロッテが今年1月に獲得したばかりだった。この日の日本ハム戦では、4回にバックスクリーン直撃の本塁打を放ち、オープン戦では2戦連発としていた。独特のあごひげをたくわえた風貌(ふうぼう)と、実力を兼ね備えた新助っ人が起こした不祥事だけに、チームへ与える動揺は大きいとみられる。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球 日本ハムオリックスソフトバンクロッテ西武楽天ヤクルトDeNA中日広島阪神巨人
今日のスポーツ報知(東京版)