【DeNA】山口、初開幕投手ピンチ 右足首負傷か

2016年3月16日6時0分  スポーツ報知

 DeNA・山口俊投手(28)の開幕戦出場が微妙なことが15日、分かった。

 7回3失点だった12日のイースタン・ロッテ戦(横須賀)で右足首を負傷したもようで、次回登板予定だった19日の西武戦(西武プリ)を回避。開幕投手に指名されている25日の広島戦(マツダ)へ、回復に全力を注ぐことになった。

 プロ11年目の山口は新たにワンシームの習得を目指すなど、キャンプから順調に仕上げてきた。重傷ではないものの、西武戦は開幕へ向けた最終調整のマウンド。自身初の大役だけに、希望を持って調整を続ける一方で、久保康か井納が代役を務める可能性がある。

 先発ローテーションも再編され、現段階で広島3連戦は山口、井納、久保康を投入し、29日からの巨人3連戦(横浜)は今永、モスコーソ、石田の順で内定。山口の登板が不可能な場合は開幕3戦目が空席となるため、再度、検討することになりそうだ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球 日本ハムオリックスソフトバンクロッテ西武楽天ヤクルトDeNA中日広島阪神巨人
今日のスポーツ報知(東京版)