【中日】岩田、引退会見「そろそろ限界」…12年には「マジカルフォーク」武器に5勝

2016年9月23日11時46分  スポーツ報知
  • 引退を表明した岩田

 中日の岩田慎司投手(29)が23日、今季限りでの引退を発表した。ナゴヤドーム内で会見に応じ、「自分の思うボールが投げられなくなってきた。そろそろ限界かなと思った」とユニホームを脱ぐ決断に至った理由を口にした。

 一番の思い出は2010年7月19日、横浜戦(ナゴヤドーム)での初先発。7回2/3を3安打無失点と好投し、プロ初勝利を収めた。「ああいうのをもっと続けたかった」と苦笑いした。12年には、ほぼ無回転で不規則に変化する「マジカルフォーク」など変化球を武器にローテの一角として5勝5敗をマーク。「学生時代から自信を持って投げていた。あの球で勝負できていたら良かったが、ここ何年かコントロールがつかず、(フォークで)勝負できないもどかしさがあった」と振り返った。

 昨季は3試合0勝2敗で、今季は雄太同様1軍登録がなかった。今後の進路は未定。24日の阪神戦(ナゴヤドーム)で引退登板に臨む予定。

 ◆岩田 慎司(いわた・しんじ)1987年1月27日、岐阜市出身。29歳。東邦高3年でセンバツ出場。明大を経て08年ドラフト5位で中日入り。10年にウエスタン・リーグ最多勝、最優秀防御率。通算48試合9勝15敗、防御率3・73。181センチ、80キロ。右投左打。既婚。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球 日本ハムオリックスソフトバンクロッテ西武楽天ヤクルトDeNA中日広島阪神巨人
今日のスポーツ報知(東京版)