【DeNA】モスコーソが帰国!「ベイスターズに帰ってきたい」来季残留を希望

2016年10月18日13時27分  スポーツ報知
  • 広島とのCS最終ステージ第1戦に先発したモスコーソ

 DeNAのギジェルモ・モスコーソ投手(32)が18日、羽田空港から航空機で自宅のある米国へ帰国し、来季の残留を希望した。

 2年契約の2年目となった今季は、登板13試合で5勝7敗、防御率5・18。7月から2か月半、2軍暮らしが続いたが、広島とのCS最終ステージ第1戦で先発するなど、チームに貢献した。

 「個人としては波の激しいシーズンとなってしまいましたが、最後には大事な場所にいることができました。若い選手たちが成長し、プレーオフに出ることができたことは、これからのベイスターズにとって大きな意味がありますし、この一員になれたことを誇りに思います。1年を通して応援してくれたファンが力をくれました」と感謝を述べた。

 4年目となる来季の動向は未定だが、球団の外国人史上最多となる17勝を挙げている右腕は「東京ドームや広島でのファンの声援には本当に驚かされ、素晴らしいファンだと改めて感じました。チームメートもファンも私のことをよく知ってくれていますし、来年もぜひベイスターズに帰ってきたいです。最高の準備をして待ちたいと思います」と希望した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ