【ヤクルト】真中監督雪辱だ「クジには自信があるよ」15年ドラフトで勘違いで痛恨のガッツ

2016年10月20日6時0分  スポーツ報知
  • 15年のドラフトで高山の抽選に際し、当たりくじを勘違いしガッツポーズする真中監督(右)(左は金本監督)

 真中監督が今ドラフトでの“リベンジ”を狙う。昨年のドラフトでは明大・高山を巡り、阪神と抽選。クジを開けた瞬間に両手でガッツポーズを作ったが、用紙のドラフトのマークを当たりと勘違いしたものだった。

 今年も抽選となった場合はクジ引き役を務める指揮官は「おそらく抽選になるのかな。クジには自信があるよ」と笑った。当日は午前中に明治神宮を参拝予定。チームカラーでもある緑のネクタイを新調し、決戦に臨む。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)