【楽天】星野副会長、1位指名「大学BIG3」に絞った「競合でもいく」

2016年10月20日6時0分  スポーツ報知

 楽天は19日、都内でドラフトに向けたスカウト会議を行い、1位指名を創価大・田中、桜美林大・佐々木、明大・柳の「大学BIG3」に絞った。

 約3時間半の会議を終えた星野仙一球団副会長(69)は「(意見は)分かれている。チーム事情を見ると即戦力投手だな。最後は明日決めることになる。(決め手は)最後は多数決は好きじゃないけど、そうなるだろう」と説明。最有力は田中だが、佐々木も対抗馬に、直前まで議論していくことになりそうだ。

 いずれの候補も競合は必至だが、「自分たち本位でこいつだ!と思ったら、競合になろうが、5球団になろうが、6球団になろうがチャレンジしていく。逃げは打たない」とキッパリ言い切った。その上で抽選に外れた場合のシミュレーションについても「外れ1位も、外れ外れ1位も考えている。それも即戦力を重視する」と大学・社会人で上位を占めるつもりだ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ