【DeNA】FA権取得・山口に3年契約提示…高田GM「もちろん残ってもらいたい」

2016年10月20日6時0分  スポーツ報知
  • ファンの声援に応える山口

 国内フリーエージェント(FA)権を今季取得したDeNA・山口俊投手(29)について、高田繁GM(71)は19日、この日までに直接交渉を行い、条件提示を行ったことを明かした。3年契約を打診したとみられる。

 広島とのCS最終Sで敗退した15日以降に直接交渉を行ったという。スカウト会議のため、球団事務所を訪れた高田GMは「もちろん、戦力として残ってもらいたい。最大限の条件を提示させてもらった」と話した。金額は明かさなかったが、今季年俸8000万円から上積みした上で3年の大型契約を提示したもようだ。

 山口は今季、自己最多でチームトップとなる11勝をマーク。球団初となるCS進出に貢献した。右肩の違和感により、ポストシーズンの登板は回避したが、シーズンを通してエースとして存在感を見せつけた。球団生え抜きの11年目の右腕だが、FA権の行使を視野に入れており、行使した場合は複数球団による争奪戦に発展するのは必至だ。

 球団はFA宣言した上での残留を容認する方針。高田GMは「よその球団がいくら出すからと条件を変えることはしない」とし、マネーゲームには応じない構え。最大限の誠意を尽くし、エースを信じて決断を待つ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)