【広島】途中入団のデラバーが帰国 来季契約不透明も「1軍で投げられるなら戻ってきたい」

2016年11月1日11時25分  スポーツ報知
  • 今季2試合登板に終わった広島・デラバー

 広島のスティーブ・デラバー投手(33)が1日、米国へ帰国した。今季途中の入団で2試合に登板。メジャー通算190試合登板の実績を誇っていたが、チームは今季、ジョンソン、ジャクソン、ヘーゲンズ、エルドレッド、ルナの5選手で外国人の4枠を活用したため、出番は巡ってこなかった。2軍では19試合に登板し、0勝1敗、防御率は6・52だった。

 「自分の持っている力を出せた。2軍ではいい成績ではなかったが、日本への適応の仕方はわかった。2試合ですが、1軍での結果も良かったですし」と振り返った。来季の契約は不透明な状況だが、「1軍で投げられるなら是非、戻ってきたい。自分の力を出す自信はある」と残留への意欲を見せた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ