【ソフトバンク】デスパイネ獲り!長打力ダウンでロッテ大砲に白羽の矢

2016年11月13日6時0分  スポーツ報知
  • デスパイネ

 ソフトバンクが来季の新外国人として、ロッテのアルフレド・デスパイネ外野手(30)の獲得調査に本腰を入れることが12日、分かった。長打力不足を補う人材として、今季でロッテとの2年契約が切れる大砲を評価。ロッテ側との残留交渉を見守っていく方針だ。

 チームは今季、リーグトップとなる637得点と打線はつながったが、114本塁打は3位。昨季の141本塁打(同1位)から数字を落とし、31発を放った李大浩の穴を埋めきれなかった。代役として期待したカニザレスは16試合0本塁打で退団。一発が打てる外国人を欠いたこともあり、最大11・5ゲーム差を日本ハムに逆転された。

 ここまでは、韓国・NCで2年連続40本塁打をマークしたエリック・テイムズ外野手(30)=183センチ、95キロ、右投左打=をリストアップ。他球団との争奪戦にも備えてきたが、テイムズ本人が9月下旬に飲酒運転をしていたことを報じられた。今後については不透明な部分が多いものの、撤退を視野に入れざるを得ない状況。並行して水面下で調査してきたデスパイネへの関心を高めた。

 キューバから14年にロッテへ加入し、3年間で通算54本塁打。今季はソフトバンク戦で10本塁打、CS第1Sでも2発打たれている。ロッテは来季以降も不可欠な戦力として、主砲の残留を最優先課題として交渉に臨む構え。デスパイネも「チームと政府との交渉になるが、引き続きロッテでプレーしたい希望は伝える」と強調していた。今後はキューバ政府が窓口となり、ソフトバンクにも獲得の可能性は残されている。屈辱的な形で3連覇を逃し、来季はV奪回が絶対目標。デスパイネを軸に、補強の戦略を進めていく。

 ◆アルフレド・デスパイネ(Alfredo Despaigne)1986年6月17日、キューバ生まれ。30歳。国内リーグで首位打者2度、本塁打王3度、打点王2度と活躍し、08年北京五輪、09年の第2回WBC、13年の第3回WBCのキューバ代表。14年からロッテでプレー。今季は134試合に出場し、496打数139安打で打率2割8分、24本塁打、92打点。175センチ、95キロ。右投右打。今季の年俸は2億5000万円。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ