【オリックス】テスト生ヘルメンを支配下で獲得へ…最速158キロ、中継ぎ期待

2016年11月17日6時11分  スポーツ報知
  • テスト生として秋季キャンプに合流しているヘルメン

 オリックスが、秋季キャンプにテスト生として参加しているゴンザレス・ヘルメン投手(29)=ロッキーズ傘下=を支配下選手として獲得する方針であることが16日、分かった。最速158キロの直球とチェンジアップが武器で、中継ぎとして期待されている。

 12日の韓国・LGとの練習試合(東部)では2番手で登板し、2回を無安打無失点。今季ロッキーズで40試合に登板した右腕について、福良監督も「面白い。球が強いね」と評価していた。ヘルメンに加えて、ピメンテル投手、ジョージ内野手のテスト生2人は17日に行われる韓国・LGとの練習試合(東部)にも出場予定。そこでの内容を踏まえ、合否の最終判断を下す方針だ。

 すでに、MAX154キロ右腕のマット・ウェスト投手(27)=前ドジャース傘下=、フィル・コーク投手(34)=前パイレーツ=の獲得を決めているほか、野手ではクリーンアップを任せられる大砲候補として、ステフェン・ロメロ外野手(28)=マリナーズ=を獲得することが確実。今季最下位に終わったオリックスが、新たな助っ人を迎えて巻き返しを図る。

 ◆ゴンザレス・ヘルメン(Gonzalez Germen)1987年9月23日、ドミニカ共和国生まれ。2007年メッツ入団。13年にメジャーに昇格し、カブス、ロッキーズでプレー。メジャー4年間で通算129試合に登板し、3勝3敗3セーブ、防御率4・62。今季は40試合で2勝1敗1セーブ、防御率5・31。185センチ、90キロ。右投右打。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)