【日本ハム】市川、600万円増でサイン「守る方を評価してもらいました」

2016年11月30日13時52分  スポーツ報知
  • 契約更改を行った市川

 日本ハムの市川友也捕手(31)が30日、札幌市内の球団事務所で契約更改交渉し、600万円アップの年俸2300万円でサインした。

 今季は14年に並び自己最多の71試合出場。打率1割6分5厘、1本塁打、12打点と打撃は振るわなかったが、守備での貢献を高く評価された。「守る方を評価してもらいました。打つ方で足を引っ張ったので悔しかった。故障せずに1年間やることが大事。故障をしない体作りをしていきたい」と振り返った。

 古巣の巨人からトレードで大田泰示外野手、公文克彦投手が加入した。「(日本ハムは)巨人の選手が多いですね。巨人出身者で盛り上げていけたらいい」と話した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)