来年の野球殿堂入り候補、新たに原・中畑両氏ら 清原氏は除外決まる 

2016年11月30日17時36分  スポーツ報知

 野球殿堂博物館は30日、来年の野球殿堂入り候補者30人(プレーヤー表彰16人、エキスパート表彰14人)を発表した。エキスパート表彰では、前巨人監督で09年には日本代表監督として第2回WBCで世界一に輝いた原辰徳氏(58)、前DeNA監督の中畑清氏(62)ら5人が新たに加わった。

 プレーヤー表彰では、西武、巨人、広島で通算157セーブを記録した豊田清氏(45)=現巨人投手コーチ=、オリックスで日本一、カージナルスとフィリーズで世界一を2度経験した田口壮氏(47)=現オリックス2軍監督=ら4人が新候補になった。

 一方、今年2月に覚醒剤取締法違反で逮捕された清原和博氏(49)=懲役2年6月、執行猶予4年確定=は、候補から除外された。現役引退から5年が経過した14年から候補入りしていたが、11月に行われた表彰選考委員会の幹事会が全会一致で除外を決めた。

 選考は報道関係者や球界関係者による投票で行われ、来年1月16日に発表される。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)