プロ野球選手の年俸、平均金額や一番多い金額帯は?(12月1日現在)

2016年12月2日10時26分  スポーツ報知
  • プロ野球の契約更改

 プロ野球の契約更改が進んでいる。年内までにほぼ全ての選手がサインを行うが、12月1日現在までにサインした支配下選手は404人と半数以上の契約がまとまった。そこで現時点での年俸分布を調べてみた。(金額は推定)

 一流選手の証しでもある1億円を超えたのは、26選手。球団別では、巨人8人、楽天4人、西武4人、日本ハム3人、中日3人、広島2人、阪神1人、DeNA1人となっている。

 年俸1位は西武・中村の4億1000万円。続けて、巨人・坂本の3億5000万円、巨人・山口の3億2000万円、DeNA・筒香の3億円と続いている。日本一になった日本ハムは、中田の2億8000万円が最高額だった。

 一方、1000万円に満たない選手は181人となっている。また現時点での404人の平均額は約2800万円。もっとも多い金額帯は、1000万円以上5000万円未満の170人だった。

 なお、日本ハム・大谷や高額選手が多く所属するソフトバンクの主力選手はまだ契約更改を行っておらす、分布や年俸ランキングは今後も変動が予想される。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ