【西武】熊代、一番ひどかったシーズン200万円ダウン…来季は「粉骨砕身」

2016年12月2日11時8分  スポーツ報知
  • 西武・熊代

 西武の熊代聖人外野手(28)が2日、埼玉・所沢市の西武プリンス内で契約更改交渉に臨み、200万円ダウンの年俸1300万円でサインした。

 プロ6年目の今季は最少の28試合の出場に終わり「入団して一番試合数出てない。分岐点のつもりでスタートしたが入団して一番ひどかった」と振り返った。内外野こなせるユーティリティープレーヤーとして貴重な存在だが「結果残してなんぼなんで一番悔しかった。来季は粉骨砕身の気持ちで泥臭く、がむしゃらにしがみついてやっていこうと思う」と巻き返しを誓った。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ