【日本ハム】現状維持の杉谷、更改会見でTV正月特番「リアル野球BAN」での奮闘誓う

2016年12月2日11時44分  スポーツ報知
  • 契約更改を行った杉谷

 日本ハムの杉谷拳士(けんし)内野手(25)が2日、札幌市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、現状維持の年俸2450万円でサイン。正月特番「夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!」内のリアル野球BANでの奮闘を誓った。「(広島との)日本シリーズでは20分しか出られなかったので…自分の中では日本シリーズだと思ってやっていこうと思います!」と鼻息を荒くした。

 今季は背番号61から2へ変更。レギュラー奪取を目指したが、4月10日の楽天戦(コボスタ)で右手有鈎骨を骨折し離脱した。6月7日に1軍復帰。62試合出場、打率2割4分、0本塁打、9打点と、前年(84試合出場、打率2割9分5厘、1本塁打、12打点)から成績を下げたものの、内外野を守れるマルチプレーヤーとしてリーグV、日本一のチームを支えた。「僕らしくやってくれた、と言ってくれた。ダウンだと思っていたので良かったです」とホッとした表情だった。

 来季目標は二塁のレギュラー奪取。「17年は田中賢介さんに挑戦状です。『セカンドに来たな』と思わせないといけない。(一塁の)中田さんのそばにいられるように頑張ります」。最後は秦基博の名曲「ひまわりの約束」を口ずさんでいた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ