【ヤクルト】館山、現状維持1・2億円で更改「開幕からローテに入りたい」

2016年12月2日13時50分  スポーツ報知
  • 契約更改を終えて取材に応じる館山

 ヤクルト・館山昌平投手(35)が2日、都内の球団事務所で契約更改に臨み、現状維持の1億2000万円プラス出来高でサインした。

 昨オフに年俸変動制の3年契約を結んでおり、来季は2年目となる。「(今季は)ふがいない成績ではありましたけど、今年に関しては昨年取ったFA権に守られた。4月に登板間隔を詰める上で問題になっていた(右肘の)ネズミを取ることになり、早い段階でチームを離れることになって、そこから復帰した後も立て直すことができなかったのが悔しい」と話した。

 昨季は通算3度目の右肘靱帯(じんたい)再建手術から復活し、1019日ぶりの白星を含む6勝をマーク。今季は3年ぶりに開幕ローテ入りを果たしたが、4月下旬に右肘関節遊離体摘出とクリーニングの手術を受けた。復帰3戦目となった7月22日の中日戦(ナゴヤD)で今季初勝利を挙げたが、10試合で1勝4敗。防御率は自己ワーストの7・24に終わった。

 今秋は宮崎フェニックス・リーグに志願して参加。来季にかける思いは強い。「とにかく開幕からローテに入りたい。まずはボールを操れるようにならないと」と語った。(金額は推定)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ