【DeNA】後藤の登録名は「G.後藤武敏」に…現状維持でサイン 

2016年12月2日14時20分  スポーツ報知
  • 来季から登録名を「G.後藤武敏」に変更する意図を神妙な面持ちで説明する後藤

 DeNA・後藤武敏内野手(36)が2日、来季の登録名を「後藤G武敏」(ごとうごめすたけとし)から「G.後藤武敏」(ごめすごとうたけとし)に変更することを明かした。ユニホームの背中のネーム表記は「GOMEZ」のまま変わらない。

 ゴメスの愛称で知られる後藤は、15年に登録名を「後藤武敏G.」(ごとうたけとしごめす)に変更し、ユニホームのネーム表記も「GOMEZ」と変更。今季は「前に進むために」という理由でGの位置を名字と名前の間に“前進”させ、「後藤G武敏」に変更していた。そして、来季はさらに前に出し、名字の前に持ってくることにしたという。

 この日は、横浜市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、現状維持の2200万円でサイン。交渉の席では「25分のうち、20分はこの話(登録名変更)をしていた」という。今季は代打の切り札として期待されながら、相次ぐ故障に泣かされ、27試合の出場で打率2割6分1厘、1本塁打、6打点だった。

 なお、「.」を復活させた理由については「白板に『.』を入れたバージョンと入れないバージョンを書きだして見比べたら、入れたバージョンの方が見栄えがよかったから」と説明した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ