【DeNA】山下「思ったよりも上がった」プロ初の年俸360万円アップ!

2016年12月2日15時36分  スポーツ報知
  • プロ2年目で初の年俸アップ更改に笑顔を見せる山下

 DeNA・山下幸輝内野手(23)が2日、横浜市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、360万円アップの1200万円でサインした。新人だった昨オフは現状維持で更改。プロ初の年俸アップに「思ったよりも上がったので、うれしいです」と表情を崩した。

 2年目の今季は、三塁手として15試合で先発出場するなど、62試合に出場して打率2割2分4厘、0本塁打、7打点。だが、代打で25打数10安打で4割の高打率を残すなど、バックアップ要員としての働きを評価されたという。11月に行われたU―23(23歳以下)野球W杯では、侍ジャパンU―23代表の一員として世界一に輝いた。来季へ向けて「走攻守すべてをレベルアップして、レギュラーを取りたい」と意気込んだ。

 また、中継ぎで1試合の登板に終わった小林寛投手(27)は170万円ダウンの900万円でサインした。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ