【日本ハム】200ホールドの宮西、2億円プラス出来高でサイン!

2016年12月2日15時54分  スポーツ報知
  • 契約更改した宮西

 日本ハムの宮西尚生投手(31)が2日、札幌市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、1000万増の2億円プラス出来高でサインした。

 今季は左肘をクリーニング手術した影響で開幕こそ出遅れたものの、5月14日の西武戦(札幌D)で史上2人目の通算200ホールドを達成。今季は39ホールドで自身初タイトルとなる最優秀中継ぎ投手に輝き、新人時代の08年から9年連続となる50試合登板以上を記録した。「2年前から日本一になるためにタイトルを取ると言って来た。目標通りできて、最高のシーズンでした。僕だけでなく、ウチは後ろ(救援陣)がしっかりすれば優勝できる。今年はリリーフ陣がよく頑張れたと思う」と満足気に振り返った。

 来年3月の第4回WBCでは貴重な左のセットアッパーとして期待され、チームには球団初の日本一連覇がかかっている。「やっぱり連覇ですよね。2年前から優勝するためにタイトルを取ると言っている。欲を出して、チームの連覇、連続タイトルを狙っていきたい」と意気込んだ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ