【ソフトバンク】松坂、プエルトリコWLで2度目の先発 5回3安打1失点

2016年12月14日14時2分  スポーツ報知

 ソフトバンクの松坂大輔投手(36)が14日(現地時間13日)、参戦中のプエルトリコ・ウインターリーグで2度目の先発マウンドに上がった。カグアス戦に登板し、5回を投げて3安打1失点。2四球を与えたが、3個の三振を奪う内容だった。

 初回、先頭打者にいきなり二塁打を浴びたが、後続を打ち取って、無失点とした松坂。2回は三振、一飛、三邪飛、3回も遊ゴロ、遊ゴロ、左飛と2イニング続けて三者凡退に切った。4回は中前打と四球に暴投が絡み、1死二、三塁から犠飛で1点を失った。5回には1四球を与えたが、無失点に抑えて、この回でマウンドを降りた。

 試合は0―1で敗れ、負け投手となった。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)