【ロッテ】涌井“変則3年”複数年契約「18は勝ちたい」

2017年1月26日6時0分  スポーツ報知
  • 契約を更改し笑顔で会見する涌井

 ロッテ・涌井秀章投手(30)が25日、ZOZOで契約更改を行い、3000万円増の年俸2億5000万円でサインした。06、07年の小林雅に並ぶ球団史上最高額。順調なら今季中に再取得するフリーエージェント(FA)権を見越し、オフごとに行使できる選択権が盛り込まれた変則の3年契約とみられる。

 西武からFA移籍した14年からの3年契約が昨季で終了。モデルの押切もえとの挙式やハワイ自主トレなど多忙なオフを過ごし、この日まで更改がずれ込んだ。再取得するFA権は海外挑戦も可能。涌井自身は公の場でメジャー志向を口にしたことはないが、球団関係者は「本人の夢もいろいろある」とさまざまな可能性を残した契約となったようだ。

 涌井は契約年数は明かさなかったが、「球団から『長いことやってほしい』とありがたい言葉をもらった。優勝するために頑張りたい。全ての成績で過去最高の数字を出したい。18は勝ちたい」と宣言。07年の17勝を上回るキャリアハイでロッテを頂点に導く決意を口にした。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ