【西武】雄星が背番18でブルペン入り!も「(荷が)重かった」

2017年2月2日19時49分  スポーツ報知
  • 背番号18のユニホームで練習する西武・菊池雄星

 西武の菊池雄星投手(25)が2日、珍アクシデントに見舞われた。この日は宮崎・南郷キャンプ2日目だったが、ユニホームを宿舎に忘れてしまい「一生に1度くらい、18番を背負ってみたいと思った」と後輩右腕・多和田の背番号「18」ユニホームを着てグラウンドへ現れた。

 新外国人のシュリッターからは「(現ソフトバンク)松坂みたい」と、西武の「18」を背負った元エースを引き合いにいじられたというが、2日連続のブルペンでは習得を目指すフォークを交え、力強い球を投げ込んだ。

 辻監督は2年連続で開幕投手を任せる考えを明かしており、それに応えるような順調な調整ぶりを披露。だが、背番号について聞かれると「僕には(荷が)重かった」とおどけて、笑いを誘った。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)