【阪神新馬戦】スズカモナミが好位抜け出しでデビューV

2017年2月25日11時52分  スポーツ報知
  • 直線抜け出したスズカモナミ

 25日の阪神3R・3歳新馬戦(ダート1200メートル=16頭立て)は4番人気のスズカモナミ(牝、栗東・吉村圭司厩舎、父キンシャサノキセキ)が好位から抜け出し、初勝利を挙げた。勝ち時計は1分13秒9。

 道中はスッと3番手につけ、逃げるブルージェイとカネトシラトゥを前に見ながらの追走。直線では松若騎手の左ステッキに応えるようにジワッと加速し、ラスト200メートルで先頭に立つと、最後まで脚色は鈍らないまま、外から伸びてきたメモリーフェーブルの追撃も首差しのいだ。

 手綱を執った松若騎手は「調教の段階からスピードがあるのは分かっていたし、実戦でもいい位置につけられました。最後もしぶとく脚を使ってくれました。(体質の)弱い馬ですから、まだまだよくなる余地はあると思います。現状ではこのくらいの距離が合っています」と笑顔を浮かべていた。今後は未定。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ