【楽天】小山、5戦5イニング0封!「このまま続けたい」

2017年3月2日8時0分  スポーツ報知
  • 最終回を3者凡退で締めた楽天・小山

 ◆E練習試合 楽天3―5ハンファ(1日・清武第二)

 楽天・小山雄輝投手(28)が1日、練習試合の韓国・ハンファ戦(清武第二)の9回に登板し、3者凡退で抑えた。ここまで対外試合は5試合5イニングに登板し、被安打1本のみの無失点。守護神・松井裕樹投手(21)につなぐ後半のセットアッパーとして期待のかかる右腕は「無失点が続いているのはいいこと。このまま続けたい」と手応えを口にした。

 完璧な投球で相手打線を手玉に取った。最速150キロの直球を軸に、鋭く落ちるフォークで1つの空振り三振も奪った。それでも「内容はまだよくない。結果的に0点で抑えられているのはいいが、もっと、ちゃんとアウトが取れると思う」と気の緩みはなかった。

 昨年12月にトレードで巨人から楽天に移籍した。昨年巨人では先発、中継ぎ、抑えと様々なポジションを経験。「どこでも言われたところで投げるだけ」とこだわりはなく、ただ登板機会を求めている。直近4試合は最終回を任されており、「そこは気にせず、1イニングをしっかり抑えようと思っている」とアピールに必死だ。

 梨田昌孝監督(63)も「テンポがいいし、何の球種でもストライクを取れるのが強み」と評価する。「ブルペンではいい感じなので、それをバッターがいるときも出せるようにしたい」と小山。開幕1軍に1歩ずつ近づいている。(安藤 宏太)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)