【日本ハム】大谷、侍ジャパンを“後方支援”誠也らにLINEで激励

2017年3月19日7時0分  スポーツ報知
  • 3回2死二塁、2ランを放った大谷(右)は岡とハイタッチ

 右足首痛でWBC不出場となった大谷だが、日々仲間たちの活躍を気にし、声援を送っている。

 「ちょくちょく、選手とは連絡を取っています」と、同学年でプライベートでも親交がある広島・鈴木を中心に電話やLINEなどで激励しているという。

 最近では、けがの状態を気にかけてくれている権藤投手コーチとも電話で話すなど接点は多い。「学ぶこともあると思う」と、侍ジャパンの試合も寮のテレビなどでできる限り観戦してきた。世界一まで残り2試合。「2連勝で優勝を目指して頑張ってほしいし、応援したいと思います」。初めてのWBC出場こそかなわなかったが、心の中では今もチームの一員だ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ