【楽天】ドラ1藤平、2軍開幕戦で3回無失点6K&最速146キロ「スライダーで空振りが取れた」

2017年3月20日17時57分  スポーツ報知
  • 2軍の開幕投手で3回無失点と好投した楽天・藤平

 ◆イースタンリーグ DeNA0―11楽天(20日・横須賀スタジアム)

 楽天のドラフト1位・藤平尚真投手(18)=横浜高=が20日、イースタンリーグ・DeNA戦(横須賀スタジアム)で“開幕投手”を務め、3回1安打無失点、6奪三振と好投した。

 最速146キロの直球とキレのあるスライダーで三振の山を築いた。三振はすべて“空振り”。育成プランとして球数制限(60球)があるため、3回でマウンドを降りたが堂々たるピッチングだった。

 藤平は「ストレートのファウルの打たれ方が良かった。後ろに(打球が)飛ぶのはいい回転のボールが投げられている。どんどんカウントが取れた」と納得の表情。追い込めばキレのあるスライダーで三振を奪った。「スライダーはボール何個分の世界で出し入れ出来た。空振りが取れた」とクレバーな右腕は冷静に振り返った。

 高校時代を過ごした神奈川での凱旋登板。球場のすぐ近くは、横浜高で3年間、汗を流した長浜グラウンドがある。「(バスで来るときに)ランニングで走ったところを通って…。(走らずに)通り過ぎたので良かった」とハードな練習を思いだし、笑顔を見せた。

 藤平に開幕を託した平石2軍監督は「しっかり投げてくれた。十分(期待に)応えてくれた。もっと緊張するかと思ったけど、堂々としていましたね」と右腕を評価。小山投手コーチも「(前回の)巨人戦よりもしっかり投げれていた」と成長ぶりに目を細めた。

 今後は、中5、6日で、先発する予定だ。藤平は「開幕投手とはいえ、やっている世界はファームですから。すごくうれしいですけれど、1軍で投げることが目標なので、やれることをしっかりやりたい」と前を見据えていた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ