【広島】ドラ1加藤、5回4安打も4四球で緒方監督評価保留

2017年3月20日20時31分  スポーツ報知

  ◆オープン戦 広島3―3オリックス(20日・マツダスタジアム)

 広島のドラフト1位・加藤拓也投手(22)=慶大=が2度目の先発。5回4安打2失点ながら、102球と球数を要し、4四球と制球面で不安をのぞかせた。「内容は良くなかった。四球が失点にからんでしまった。フォームを安定させる意識をもってやりたい」と反省した。

 緒方監督は「いいところと悪いところが両方出た。球数と四球が多い。きょうの試合を反省して、経験を積ませたいという気持ちはある」と評価を保留。開幕ローテ入りは、次回登板で判断することになる。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)