【WBC】オランダ・バレンティン先制弾もプエルトリコも同点弾でお返し…準決勝速報

2017年3月21日10時39分  スポーツ報知
  • 1回、オランダのバレンティンが先制2ランを放つ(ロイター)

 ◆WBC ▽準決勝 プエルトリコ―オランダ(20日、ロサンゼルス)

 WBCの準決勝、プエルトリコ・オランダ戦が20日(日本時間21日)、米ロサンゼルスのドジャースタジアムで行われ、1回を終わり2―2の同点となっている。

 オランダは初回2死三塁からバレンティン(ヤクルト)の左中間への2ラン本塁打で先行も、プエルトリコはその裏、1死二塁からコレア(アストロズ)が左中間へ2ランを放ち、すかさず同点に追いついた。

 オランダはE組2位通過、プエルトリコはF組1位通過で、日本と同じ今大会6勝負けなしで勝ち上がってきた。

 プエルトリコは前回大会準優勝。オランダは4強。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)