報知評論家10人のうち巨人1位を選ばなかったのは3人 その理由とは…セ順位予想

2017年3月30日13時0分  スポーツ報知

 31日のプロ野球開幕を前に、10人の精鋭評論家がペナントレースの行方を予想した。セ・リーグは、大補強した巨人を優勝候補に挙げる人が多かったが、DeNAの躍進を予想する人も。各担当記者はチームの現状を分析した。

 【桑田真澄 巨人救援陣がカギ】

 1巨人、2DeNA、3広島、4ヤクルト、5阪神、6中日

  • 桑田真澄氏

    桑田真澄氏

 巨人は7、8、9回を投げるリリーフ陣の安定感が、優勝へのカギになる。DeNAは打線に破壊力があるので、投手陣の奮起に期待。昨季Vの広島は黒田の抜けた穴が大きいと感じる。どのチームも決定力がないだけに、混戦になるのではないだろうか。

 【福本豊 広島さらに成長】

 1広島、2巨人、3阪神、4DeNA、5ヤクルト、6中日

  • 福本豊氏

    福本豊氏

 巨人は、オープン戦を見ると、中堅、若手の底上げが感じられなかった。逆に広島は、控えクラスの野手にも必死さが見えた。田中、菊池、丸の1~3番もさらに成長しそう。阪神は昨季負け越した広島、巨人に勝ち越せば、優勝争いもできる。全体的に混戦だろう。

 【高木豊 投手が安定DeNA】

 1DeNA、2巨人、3広島、4ヤクルト、5中日、6阪神

  • 高木豊氏

    高木豊氏

 DeNAは選手が育ってきた。打線には筒香という軸があり、投手陣も安定しそう。V候補の本命にしたい。巨人は投手陣、特に抑えに厚みが出てきた。何人か出遅れた誤算はあるが戦力に余裕がある。阪神は野手のレギュラーがあまり固定できていないのが弱み。

 【安藤統男 DeNA助っ人に期待】

 1DeNA、2巨人、3広島、4阪神、5ヤクルト、6中日

  • 安藤統男氏

    安藤統男氏

 DeNAは投打の新外国人、クラインとシリアコが期待できる。筒香を中心とした打線は力があり、石田、今永ら若手投手陣が活躍すれば頂点を狙える。巨人はWBCでの小林の成長が大きい。阪神は若手野手が育ってきているが、本当の勝負はもう1年先となる。

 【堀内恒夫 選手層厚い巨人】

 1巨人、2広島、3阪神、4DeNA、5ヤクルト、5中日

  • 堀内恒夫氏

    堀内恒夫氏

 混戦の予感がするが、選手層の厚さで巨人を推す。大型補強した選手が故障で戦列を離れているが、戻ってくればチーム力は抜け出ている。広島は昨季がうまくいき過ぎた。怖いのは阪神。若い戦力が出てきており、金本監督のタクト次第でダークホースになる。

 【高橋尚成 巨人&阪神の底力一枚上】

  • 高橋尚成氏

    高橋尚成氏

 1巨人、2阪神、3DeNA、4広島、5中日、6ヤクルト

 去年、故障者が続出しながら2位になった巨人の戦力が整った。勝ち方を知っており、阪神とともに底力は一枚上。DeNAは筒香という柱が大きい。広島は昨季、全てがうまくいって優勝した印象。若い選手が多く、追われる立場の重圧を知らないのも響くのでは。

 【工藤一彦 巨人小林WBCの経験】

  • 工藤一彦氏

    工藤一彦氏

 1巨人、2阪神、3広島、4DeNA、5中日、6ヤクルト

 大量補強を行った巨人だが、何よりの上積みは、WBCで正捕手として活躍した小林の成長。修羅場をくぐった経験がシーズンでも生きるはずだ。阪神も投手陣は充実しており、女房役の梅野が一本立ちすれば、十分にV争い。広島は黒田が抜け、先発陣に不安が残る。

 【水野雄仁 先発揃った巨人】

  • 水野雄仁氏

    水野雄仁氏

 1巨人、2広島、3DeNA、4中日、5阪神、6ヤクルト

 先発陣がそろった巨人が頭ひとつ抜けている。昨年の覇者・広島は他球団からマークされ、連覇は難しいか。黒田の穴をどう埋めるかだ。DeNAは若手が育ち、確実に力をつけている。中日は打線、特にゲレーロ次第で浮上の目も。阪神、ヤクルトは投手がいない。

 【金村義明 由伸采配に注目】

  • 金村義明氏

    金村義明氏

 1巨人、2広島、3阪神、4ヤクルト、5中日、6DeNA

 巨人の戦力は投手も野手も分厚く、長丁場のペナントでは有利に働く。2年目を迎える高橋監督の采配にも期待したい。広島は、連覇は難しいが、センターラインがしっかりしており、大崩れはない。3~6位はダンゴ状態で、Aクラス争いはし烈を極めるはずだ。

 【清水隆行 ヤクルト故障者戻れば】

  • 清水隆行氏

    清水隆行氏

 1巨人、2DeNA、3広島、4ヤクルト、5阪神、6中日

 巨人は補強で投打ともに戦力が分厚くなった。DeNAは昨年の経験が大きい。若くて力のある野手もいる。特に筒香の存在が飛び抜けている。広島は黒田の抜けた穴をどう埋めるかだ。ヤクルトは故障者が戻ればチャンス。阪神は若手の成長、中日はゲレーロ次第だ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)