【日本ハム】2軍調整中の大田、攻守で躍動「しっかりとしたスイングが出来た」

2017年4月20日18時48分  スポーツ報知
  • 3回1死一塁、右中間へ適時三塁打を放った大田泰

 ◆イースタン・ヤクルト1―4日本ハム(20日・戸田)

 左腹斜筋筋挫傷で2軍調整中の日本ハム・大田泰示外野手(26)が、実戦復帰初戦でフェンス直撃の適時三塁打を放った。

 20日のイースタン・ヤクルト戦(戸田)に「1番・中堅」でスタメン出場。1打席目は左飛に倒れたが、両チーム無得点で迎えた3回1死一塁からヤクルト・岩橋のカーブを捉え、先取点を呼び込んだ。守備でも好返球を披露するなど、攻守で躍動した。試合後、大田は「しっかりとしたスイングが出来た。もっともっと状態を上げていきたい」と話した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)