【DeNA】痛恨の競り負け!5位に転落

2017年5月19日23時4分  スポーツ報知
  • 10回2死満塁、マギーの適時打で勝ち越しを許し静まりかえるDeNAナイン(左から二人目はラミレス監督)

 ◆DeNA3―5巨人=延長10回=(19日・横浜)

 勝てば3位巨人に0・5ゲーム差に迫るはずだったDeNAだが、結果は痛恨の競り負けで、逆にヤクルトに抜かれて5位に転落した。

 7回に5本の長短打を集めて一度は逆転。8回は砂田と山崎康がピシャリと抑えたものの、9回に守護神パットンが1点を守れない。阿部の二塁打に暴投、マギーの犠飛であっさり追いつかれた。延長10回には須田がマギーに決勝の2点適時打を浴びて万事休す。手痛い黒星にラミレス監督は「(先発の)井納がいいピッチングをして、リリーフも砂田、山崎康までは素晴らしかった。ただ、パットンが最後を締められなかった」と表情を曇らせた。14日の阪神戦(横浜)でもリリーフに失敗しているパットンについては「数字を見れば、クローザーとして期待したものとは違うものになっている。チームが勝つためにベストな判断をしたい」と、配置転換の可能性も示唆した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)