【西武】浅村が通算100本塁打…プロ野球史上282人目

2017年5月20日15時6分  スポーツ報知
  • 左越えに通算100号本塁打となる3ランを放った浅村

 ◆西武―ソフトバンク(20日・メットライフドーム)

 西武の浅村栄斗内野手(26)が20日のソフトバンク戦で、プロ野球282人目となる通算100本塁打を達成した。

 1点リードの2回2死一、三塁から、ソフトバンク先発・中田の甘く入った141キロ逃さず、左翼席中段への今季4号3ラン。今季2度目の先発で、初回に先取点を奪われていた佐野を援護する一発に「まさかホームランが打てるとは思っていなかったので、ビックリしています。泰雄(佐野)が勝てるようにこれからも打ちます。100号はうれしいですが、もっと上を目指せるように頑張っていきます」とコメントした。

 初本塁打は10年8月10日の楽天14回戦(Kスタ宮城)で、山村から記録。プロ通算866試合目での大台到達となった。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ