【ソフトバンク】先発・中田、大誤算の7失点KO「野手にもブルペンにも申し訳ない」

2017年5月20日19時10分  スポーツ報知
  • 2回に5点を奪われ、渋い表情でベンチに戻るソフトバンク・中田(カメラ・上村 尚平)

 ◆西武7―5ソフトバンク(20日・メットライフドーム)

 ソフトバンクの連勝は3で止まり首位・楽天と再び3ゲーム差に広がった。

 先発の中田が誤算で、今季ワーストの7失点で3回途中でKOされて3敗目。自身の連勝も3で止めた右腕は「いつもより感覚が良くなかった。決めなきゃいけないところで決められなかった。試合がつくれず、野手にもブルペン陣にも申し訳ない」と視線を落とした。

 打線は5得点と反発したが、序盤の大量失点が痛すぎた。西武戦の連勝も4でストップ。工藤監督は「今の西武打線を見ても、あまり連打連打にはならない。打たれるのはしょうがないけど、四球はダメ。もうちょっと気楽に投げてもらいたい」と注文をつけ「野手もやることをやってるし、リリーフも抑えてくれている。先発がある程度抑えればいける、というところまで来ている」と収穫にも目を向けていた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)