【DeNA】飯塚、初先発初勝利逃すも5回6K0封

2017年6月20日7時0分  スポーツ報知
  • プロ初登板で、5回無失点の好投を見せた飯塚

 ◆日本生命セ・パ交流戦 DeNA4―7オリックス(19日・横浜)

 日本生命セ・パ交流戦は、1試合が行われ、全日程が終了した。すでに8年連続で、05年の導入から13年目で12度目となる勝ち越しを決めているパ・リーグが通算56勝51敗1分けとした。ソフトバンクが12勝6敗で3年連続の7度目の最高勝率チーム。セ、パ両リーグ内の対戦は23日に再開する。

 プロ初登板で先発に抜てきされた3年目右腕・飯塚が、5回を2安打6奪三振無失点の好投を見せた。6回を投げた14日のイースタン・ロッテ戦(平塚)から中4日での緊急登板も、同郷(新潟)の相手エース・金子と互角の投手戦を演じ、「こんなにいい投球ができるとは思わなかったです」。チームは逆転負けで連勝は4でストップ。飯塚のプロ初勝利も消えたが、ラミレス監督が目標に設定した交流戦勝率5割はクリアした。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)