【日本ハム】鍵谷、後半戦フル回転へ気合 50登板「超える」

2017年7月16日8時0分  スポーツ報知
  • 1軍に合流した鍵谷

 日本ハムの鍵谷陽平投手(26)が15日、後半戦でのフル回転に意欲を示した。再調整のため6月25日に出場選手登録を抹消されていたが、この日札幌市内で行われた1軍の全体練習に参加。後半戦がスタートする18日の楽天戦(函館)から、再び1軍の舞台に戻ってくる右腕は「大変な時期にいなくなってしまったので、これからしっかりやっていきたい」と意気込んだ。

 今季は開幕から登板機会が多く、6月10日の巨人戦(札幌D)ではリーグ最速で30試合登板を果たすなど、ここまでチーム最多35試合に登板し、2勝2敗、防御率3・03。疲労の蓄積などもあり2週間以上も2軍で調整を続けてきたが、「しっかり練習もしてきたし、やりたいこともできた」と、心身共にリフレッシュした状態で戻ってきた。

 チームのために登板を重ねることで、個人としての目標達成も近づいていく。入団から中継ぎとして「50試合登板」を目指してきたが、過去4年間は到達できなかった。それだけに「これから投げて(50試合を)超えていけるように。いけと言われた所で1試合、1試合頑張りたい」と気合を入れた。(後藤 亮太)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ