【中日】森監督&ナインが義援金呼びかけ…九州北部豪雨

2017年7月17日18時40分  スポーツ報知
  • 九州北部豪雨災害の義捐金を呼びかけ、募金してくれたファンと握手する巨人・畠や中日ナイン

 ◆中日―巨人(17日・ナゴヤドーム)

 中日選手会が試合前、巨人選手会とともにナゴヤドーム外のオープンデッキで九州北部豪雨災害の義援金募金を行い、善意を呼びかけた。

 参加したのは中日・森監督、岩瀬、大野、田島、伊藤、又吉、福谷、鈴木、柳、笠原、工藤、藤井、野本、大島、谷、松井佑、堂上、福田、亀沢、石岡、京田、ドアラ。巨人からは山口俊、畠も駆けつけ、メンバーを入れ替えながら約25分、ファンと握手で触れ合った。

 選手会長の大野は「復旧、復興へ、少しでも力になれれば。(選手会の)皆さんも協力してくれました。あとはプレーで勇気づけられたからいいなと思っています」と話した。

 開場前の舞台裏では、森監督が背後から巨人・山口俊の肩をつかみ「オマエが先頭で行け」とジョーク。そんな指揮官は選手会主催行事にもかかわらず、12日の阪神戦(甲子園)に続いて募金活動にフル参加した。「災害が起きたら助けないとね。監督である以上、チームの一員なんだから、やると言ったら、どこでもやるよ」と汗をぬぐっていた。

 集められた65万4516円は、中日新聞社会事業団を通して被災地に届けられる。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ