【オリックス】平野、あと1アウトからサヨナラ負け「打たれたのは僕が悪い」

2017年7月17日21時51分  スポーツ報知
  • 9回2死満塁、加藤にサヨナラ打を打たれた平野

 ◆ロッテ3X―2オリックス(17日・ZOZOマリンスタジアム)

 オリックスがあと1死のところで勝利を逃した。9回に大城のプロ1号で勝ち越しに成功し、裏の締めくくりへ平野がマウンドに上がった。先頭の鈴木を三振に斬り流れに乗るかと思いきや、次のペーニャには直球を中堅フェンス直撃の二塁打にされた。走者を背負い、セットポジションでの投球になるとたちまち制球に苦しみ、内野安打と四球で2死満塁。最後は加藤に前進守備の左翼を越えるサヨナラ打を浴びた。「今日は絶対に抑えないといけなかった。打たれたのは僕が悪い」とうなだれた。

 7日の同カード(ほっと神戸)でも同点の9回に登板し、自己ワーストとなる4四球で途中降板。今季はロッテ戦で3敗目と苦戦する守護神に対し、福良監督は「しょうがないですね。セットになってから苦しんだ。何が原因なのか、投げ急ぎなのか何なのか…」と首をかしげた。しかし「(信頼は)変わらない」と今後も抑えで起用していく方針を明かした。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)