【西武】十亀が腰の張りのため登録抹消、小石が昇格

2017年8月9日16時5分  スポーツ報知
  • 8日のオリックス戦でKOされた十亀

 西武の十亀剣投手(29)が9日、出場選手登録を抹消された。この日のオリックス戦(京セラD)の試合前練習には参加したが、土肥投手コーチは「腰の張りのため」と抹消理由を説明。十亀は8日の同戦に先発して3回途中で5失点KOされていたが、同コーチは「変えたのは腰の張りがあったからではない」と話した。代わって小石博孝投手(30)が昇格する。

 十亀は今季開幕ローテーション入りは逃したものの、4月下旬に1軍に昇格。これまでに15試合に登板して6勝5敗、防御率3・74。6月は4試合で3勝(0敗)を挙げる活躍を見せ、自身初となる「日本生命月間MVP賞」を受賞していた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)