【中日】試合途中に森監督から森脇監督代行へ

2017年8月13日15時40分  スポーツ報知
  • 森監督(左)と森脇コーチ

 ◆中日―ヤクルト(13日・ナゴヤドーム)

 中日は13日、同日のヤクルト戦の試合途中から森繁和監督(62)に代わって、森脇浩司内野守備走塁コーチ(57)が監督代行として指揮を執ると発表した。森監督が、7日に亡くなった長女・矢野麗華さん(享年35)の通夜に出席するため。

 2回終了後、セ・リーグ・アグリーメント25条によって審判団がアナウンス。森監督はダッグアウトを離れ、通夜が営まれる横浜市へと向かった。

 西山和夫球団代表は「私はこの試合は休んでいただこうと考えていた。ただ、本人は『チームと一緒にいさせてください。みんなと一緒に戦いたい』という気持ちを持っていた。真中監督にも事前に快諾を得た」と、折衷案として試合途中まで采配を委ねたと説明した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ