【楽天】オコエが親戚・内からプロ入り2本目となる1号「ガンガン意識した」

2017年8月24日22時26分  スポーツ報知
  • 9回2死、オコエが左中間に今季1号ソロ本塁打を放つ

 ◆ロッテ2―1楽天(24日・ZOZOマリン)

  楽天のオコエ瑠偉外野手(20)が親戚のロッテ内竜也投手(32)から、プロ入り2本目の本塁打となる1号ソロを放った。

 0―2で迎えた0封負け目前の9回2死走者なし。内の初球、145キロ直球をオコエは振り抜くと、打球は左中間スタンドに飛び込んでいった。試合終了間際に放った意地の一発に「打った瞬間行ったと思ったけど、マリンの風に押されて歩いていたけど、慌てて走りました。チームが勝つためにヒットを打とうと思っていたので、その延長線上です」と苦笑いだった。

 対戦した内は、母方の親戚。幼い頃から親戚の集まりで顔を合わせるなど交流があり、プロを目指すきっかけになった憧れの存在だ。プロ入り初対戦で初球を本塁打にし、「内さんなのでガンガン意識した。小さい頃から見ていたので」と感慨深そうに話した。

 この日は3試合ぶりに「8番・右翼」で先発したオコエ。第1打席では三塁への内野安打で出塁し、2打席目ではレフトへの通常なら単打かという当たりを快足を飛ばして、二塁打にした。チームが6安打1得点と苦しむ中、4打数3安打1打点と存在感を示した。だが、孤軍奮闘も実らず1点差で敗れ、「上位につなぐことが自分の仕事だと思う。勝利に貢献出来ずに悔しい」と話した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ