【広島】右足首骨折の鈴木が手術…全治3か月の診断、日本シリーズも絶望的に 

2017年8月29日22時22分  スポーツ報知
  • 23日のDeNA戦、担架で運ばれる広島・鈴木

 広島は29日、鈴木誠也外野手(23)が広島市内の病院で手術を受けたと発表した。23日のDeNA戦(横浜)で右足首を骨折していた。

 「右足頸骨(けいこつ)内果骨折」および「三角靱帯損傷」で、「骨接合術」と「靱帯修復術」が施された。

 今後は2週間程度入院し、全治3か月という診断。クライマックスシリーズや、日本シリーズでの復帰も絶望的となった。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)